Entries

旅(14) 4日目 バンテアイ・スレイ

(また今日も長いです。)

さて旅も最終日、やってきたのはシェムリアップから車で約40kmの地、バンテアイ・スレイというところ。
「バンテアイ」は「砦」という意味。「バンテアイ××」という遺跡がこのほかにもたくさんあります。
城郭が砦のように見えたのでしょうか。
 

DSCN6663.jpg

創建は古く、967年とされています。約30年かかって完成。

大勢の観光客が、わざわざこの郊外の遺跡を訪れるのには理由がありました。
この遺跡は「アンコール美術の至宝」と称されるものなのです。

DSCN6668.jpg

まず目をひくのが、この薔薇色。
(赤色砂岩、ラテライト、レンガで作られています。)
そして、ヒンズー神話がそこかしこにみられます。精緻で美しい彫りです。

DSCN6674.jpg

怪鳥ガルーダ。


この窓みたいな入り口、柱の形状、どれをとっても素晴らしいですね。

DSCN6680.jpg

7世紀・8世紀の美術様式とジャワ美術の影響が濃いのがよくわかります。

DSCN6681.jpg

東南アジアの文化の融合の仕方、なんだかとっても面白い。


「続きを読む」に続きます。

この遺跡には、動物神が多く出てきます。

DSCN6682.jpg

この遺跡も、アンコール朝の衰退とともにうっそうと繁る密林に埋もれていました。
1931年から6年かかって修復されたのが今の姿だそう。
やはり遺跡は、修復・復元してこそ往時の姿がより正確に偲ばれますね。

遠景はこんな感じ。今まで見た遺跡と比べると、かなり小さい印象。
この日は曇り空でしたが、この遺跡は建物内ではありませんから、これくらいのほうが歩きやすく助かりました。

DSCN6690.jpg

日本や中国や韓国とは全然違う、不思議な魅力がありますね。
やっぱり動物いっぱい。

DSCN6693.jpg

いやはやもう、すごいですしか書けないのですが。
写真の枚数は、やはり格段に多かったですね^^;

DSCN6700.jpg


わわっ! 等身大でびっくりした!

DSCN6714.jpg

新しく見えるのは、これは実は模造品だから。本物はプノンペンの美術館にあるそうです。
アンコール遺跡は盗掘の歴史でもあり、内戦の混乱が終わった後も、ついこの間までかなりの美術品が国外へ持ち出されていました。今は・・・大丈夫なのかな・・・。

ここ、バンテアイ・スレイの中心部には、そのアンコール美術の至宝がありました。

DSCN6715.jpg


「東洋のモナリザ」。

DSCN6716.jpg

フランスの作家(のちの文化大臣)アンドレ・マルローがあまりの美しさに、この彫像をはぎ取って(!)持ち帰ろうとして(!!)逮捕されたといういわくつきの女神です。

ここで見るのが一番きれいなのに、ねえ・・・。

DSCN6720.jpg

持ち帰っちゃいかんよ。。。



遺跡の外はお土産ストリートになっていました。
ヤシの実いっぱい。

DSCN6724.jpg

中は美味しいジュースでした♪

DSCN6725.jpg

あと少し、遺跡探訪は続きます。(猫ブログ休業。旅のブログはまだまだ続きます。)



関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tabiann.blog119.fc2.com/tb.php/573-a533c563

トラックバック

コメント

[C6042]

異国情緒とはこのことよね、って感じの風景ですね。
ベトナム戦争や内戦がなければ、
また、まったく違った継承がなされてたかとおもうと、
残念ですねえ。
しかし、ヨーロッパの人間は、
全部自分のものとでも思ってるのだろうか・・。

[C6043] うほほほ♪

ひぃいいい~!!もうもうモウ~!!(牛か?!)
や~ん、なんって美しいんでしょう・・・
そうそ、ここ数年はここも見られるツアーも多いんですよね~うむ、決めた!私もいく~!!
  • 2013-09-08 08:45
  • いとうとしこ
  • URL
  • 編集

[C6044]

ここの遺跡、知りませんでした
色が独特ですね~~、キレイ。
肉眼で見たらもっともっと美しいのでしょうね。
守っていってほしいものです。
ハギトッチャダメー(苦笑)
  • 2013-09-08 09:14
  • くりひなママ
  • URL
  • 編集

[C6045] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C6046]

わぁ、すごいすごい!
圧倒される美しさですね~。
柱のひとつひとつにも凝った彫刻・・
ゆっくり見て回りたいなぁ。

とはいえ、海外はなかなか行けないし
東博でも見てこようかな!(笑)

[C6047]

細かい彫刻が細部まで美しい!
当時はバラ色でもっと素晴らしかったでしょうね.....

[C6048]

戻ってからもなかなか抜けられない…
そうでしょう、そうでしょう、
写真を拝見するだけでも圧倒的なパワーを感じますもの。
どこが雨期?というほどお天気にも恵まれて…
ねこじゃらしさん、もってますね!
ぜひっ再訪してください!

昨日は本当にいろいろとありがとうございました(^^)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Book Mark !

Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
   

文字の大きさ

    カレンダー

    プルダウン 降順 昇順 年別

    05月 | 2017年06月 | 07月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    タビーちゃんとアンヌさん

    2010年4月5日生まれの兄妹猫です
    サイドバー
         
    タビー(短毛♂) アンヌ=マリー(長毛♀) 2匹まとめて「タビアンヌ」                 

    プロフィール

    ねこじゃらし

    Author:ねこじゃらし
    タビアンヌのお世話係6年目です。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新のコメント

    お気軽にちょこっとコメントどうぞ♪    

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    猫の本棚

    RSS    

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR