Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tabiann.blog119.fc2.com/tb.php/561-568ec93b

トラックバック

コメント

[C5965] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C5966] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C5967]

写真の加工素敵ですね(#^.^#)
そしてまたまたこんなに丁寧にレポしてくださって、
こちらこそ頭が下がります。
こんな風に感じていただいてうれしい~!!
そしてときどき彦摩呂ちっくになったりして(笑)
ねこじゃらしさんの中に眠る関西人のDNAを
感じながら読ませていただきました。
楽しかった~!
またやりましょうね~v
  • 2013-08-26 07:08
  • youbobo
  • URL
  • 編集

[C5968]

うひゃ~!!すごいレポ\(^o^)/!!
ゆぼぼ庵さん、本当に素晴らしかったですよね~!!
特に桃入りのそば豆腐最高~でした!!

レジンは実は最初にねこじゃらしさんが星座の背景紙を選択した時点であまりの意外性に驚いていたのですが
それは私が勝手に感じているねこじゃらしさんご本人のキャラ(NHK朝ドラヒロイン)とのギャップに対する驚きなだけで 作品自体はとても素晴らしいと思いました。
評判悪い土星のシールも あれがあることで全体のバランスがとれていますし
“土星のUFOに乗ったアンヌさんとスペース・ねこじゃらしを楽しむタビーさんというファンタスティック且つ壮大な楽しい作品”と思います(^_-)-☆
ねこじゃらしさんのイメージではないのですが タビアンヌさんたちのイメージにはバッチリはまっていますよ~v

&たくさんのお土産有難うございました(*^_^*)
また10月にもお会いしましょうねv
  • 2013-08-26 12:42
  • ガブママン
  • URL
  • 編集

[C5969]

まさぽんさんのところでお写真も
拝見しました~。
こちら、まさかの加工(笑)
でも幻想的で想像力がかきたてられますネ☆
そしてひとつひとつの丁寧な説明にも食欲そそられます。
くぅっ、おなかすいた!(笑

まさぽんのところでも書いたのですが
おもてなしの心が本当に感じられて
至高のひとときが過ごせたのでは♪

[C5970]

おぉ~!!
ゆぼぼ庵さんのお料理の全貌が明らかに!!
ゆぼぼ庵さんのお料理って、いつも完璧なのに、
必ず毎回、その完璧のさらに上を行くような
お料理になってますよね★
美味しそうだなぁ、いや、美味しいに決まってるわ!!と
思いながら、ご訪問された方のレポを拝見してます(*´∀`*)
しかも、もしや、フードライターにでは!?と思うような、
ねこじゃらしさんの素晴らしい記事に、文章だけでも
お味のイメージが湧いてきます♪
いや、実際はもっとめくるめくお味なんだと思いますが(^^;
美味しいお酒とお料理、美しい盛り付け、楽しい会話、
素敵な時間を過ごされましたね♪

[C5971]

「主客一体」という茶の湯の言葉が浮かぶ
完璧なレポ!おもてなしのしがいがある
素晴らしいお客さまですね。
メモなしでここまで料理と味が再現できるなんて、
フードライター以上ですわ!!
レジンもとっても素敵だったじゃないですか。
また忘れられない充実の時間が過ごせましたね。
大雨も避けられたし(^^)うん、手相占い当たってる!!
  • 2013-08-26 18:32
  • usainu
  • URL
  • 編集

[C5972]

まさかのゆぼぼ庵で嬉しいひとときでしたね^^
ねこじゃらしさんの完璧な素晴らしいレポに感動~
そして、再びあの美味しさを思い出しまた感動ー
↑usainu 同様、ねこじゃらしさんフードライターのようです!
昼の部・夜の部、充実の1日でしたね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

夏の終わりのゆぼぼ庵

アンコールワットからは帰ってきたものの、まだ夢うつつな気分のまま、週末また家を不在にしていた飼い主です。
ひどい大雨だったという、日曜日の夕方に帰ってきました。


IMG_7891.jpg

見上げると、たくさんの赤とんぼ。
雨上がりの爽やかな風にのって、大きな赤とんぼがゆっくりと雲の間を飛び回っていたのでした。
(画面中央、見えますか?)

IMG_7895_20130825175634423.jpg

こんな夏でも、やはり終わりはあるのですね。


そんな晩夏の土曜日。
またもやあの幻の庵ですてきなひと時を過ごしてまいりました。

20130824_1.jpg

 今回はカメラを持参しておらず、きちんとした写真を撮ることができませんでした。
というわけで、ここから後は私のけして端的とはいえない文章を中心に、イメージ絵画を交えて怖ろしいまでに長く続きます。)

フェルト人形作家でありレジン作家でもある、maman ga bu さんのワークショップに参加し、「オリジナルレジングッズ」なるものを製作してきました。ですが前夜、入眠前のお供に読んだ本を思わず読破してしまい、睡眠不足だったせいもあり、なにやら”夢うつつな”作品になってしまいましたが、とても楽しい体験でした。
改めて感じたのは、やはりその道のプロ、極める人の「才能」というのは尊敬に値するということです。
本当にmaman ga buさんはすごい!

なんだかぼやーんとしながらも、要所要所でアドバイスをいただき、なんとか仕上げることができました。
結構、自分では気に入っていますが、さっそく家人に見せたところ、0.5秒で以下のような講評が。

「なんか盛りだくさんすぎ」で「バカっぽい感じ」で、さながら「バカボンちっく」だそうです。
「なんで宇宙やねん。土星もいらんやろ。」

うーん・・・。私もまさかの宇宙で・・・(当初は押し花の可愛いのを作ろうと思ってました)。

             

ワークショップのあと、youboboさんのお宅で飲み会というのでお邪魔しました。



    20130824_2.jpg

このしつらえ。これはもしや・・・。

   「ゆぼぼ庵」!?



20130824_3.jpg

「ゆぼぼ庵」
それはどんな高級料亭もかなわない、素敵なお料理とお酒でもてなされる、楽しくも和やかな空間です。

懐石料理や料亭での集まりは、ともすれば「会合」の話題が中心で料理はむしろ脇役であったり、また逆に料理が中心になりすぎたり、とにかくなんだか気が張って、微妙な疲れが残ってしまうこと、ありますよね。
「はあ~・・・なんか、やっぱりお茶漬けでも・・・」と足を投げ出したくなるような感じ。

でも、こちらのおもてなしはそんなんじゃありません。

お料理も、お酒も、最大限に楽しめる。
暖かくて、優しいのです。

それではいただいたお料理の感想です。

 毛蟹と雲丹のゼリー寄せ
切子の涼しげな器に柔らかい橙色の雲丹が輝いています。
見るからに、甘い雲丹の香りが口の中に広がりそうな一品です。
ゼータクにも雲丹を一つ、箸でつまみあげて、ぽいっと口の中に放りこんでみます。
想像通りの、臭みもなく雲丹が口の中でとろけます。
雲丹の下にはほぐした真っ白な蟹の身がふんわり、ぎっしり。
ゼリー寄せとありますが、柔らかな餡といった印象。なんの抵抗もなくするりと喉をとおります。
ぜいたく過ぎて幸せな気分です。

 白爵かぼちゃのきんちゃく
黄金に輝くきんとんは、なんとかぼちゃです。
あっさりとした味わいで、甘みはわずかにあるかどうかという優しい風味なのですが、食感はあくまでねっとりとしています。
店主にお伺いしたところ、かぼちゃだけでこの食感だそうで。
この、従来の固定概念を飄々と覆す感じがここの店主の粋なところだなあ、と思います。

 白瓜の浅漬け (←勝手に命名^^;)
とても小さいであろう白瓜を丁寧に小さく切って、細かい鰹節(←ですか?)をほんのり聞かせている箸休め的一品。
塩の味がすばらしい利かせ方です。
「なんでも薄味、だしの味」といったお料理とはまた違い、とてもメリハリが効いていて楽しいです。

かますの干物
そしてこの干物。こちらはまた予想外に薄い塩の味。そしてふっくらと美味しい!
きけば店主自ら天日で干して作ってくださった自家製干物。
磯の香りのしない干物。
まったくほかのお料理の邪魔になっていません。すばらしい。

20130824_4.jpg




パプリカのスープ
人参の冷製、かとおもいきやパプリカです。
パプリカの冷製は初めていただきました。ちっともパプリカ臭くないですが、とろりとほの甘く、ああ幸せ夏でよかった、と。

そば豆腐
スープの隣には、涼しげなガラスの器にうかぶいろとりどり。
ああこれは。
白桃・・・! メロン・・・? 
そば豆腐と同じくらいのやわらかな果実が、喧嘩することなくやさしく味を主張しています。

一つづつ、いただきます。
まるで打ち上げ花火みたいに、ぱあっと甘い夏の思い出が口のなかにひろがった。

20130824_5.jpg

子供のころ、祖父の家で夏休みは毎日桃園で桃をもいで(出荷前のB級品を)、ジュース代わりに食べては足元の畑に種を投げていました。
桃は、桃だけで食べるものだと思っていました。このお料理、本当に美味しかった。


白いレンゲにのったマスカット。
こちらも泣きそうになるほど絶品でした。
マスカットにしろいみぞれ、それに青柚子でしょうか? 
いろいろな組み合わせで、無限の味わいが生まれるんですね。

20130824_7.jpg 

今回のお料理のテーマをうかがったわけではないけれど、夏の味覚でいっぱいでした。

土のうつわのお膳。
その大地のようなお膳の中央に、まるで収穫されたそのままのような形の夏野菜が、美しいガラスのうつわに守られてるようにして盛りつけられていました。

本当にうっとりとする、絵画のようなたたずまいでした。


さて、お料理もいよいよ佳境です。

 じゃがいも饅頭
実はこのお料理、一度店主のレシピをうかがい、私も作ってみたことがあります。
じゃがいもをうらごししたら、まるで別の食感になるのが嬉しくて、楽しくて。
でも、最終的には蒸す段階で失敗してしまいました。大きさも大きすぎたのがいけなかった。
今度はこの大きさで。
めげずに作ってみます。

やはり本家のものは、すばらしい仕上がり! 美味しいです。

20130824_8_2013082523084586d.jpg 

またもやびっくりの一品。
トウモロコシの芯でお出汁をとったお吸い物です。
モロヘイヤ、オクラ、トウモロコシに白身魚が浮かんでいます。
なんとトウモロコシの芯、4本でお出汁をとったそう。
ここでも、夏のトウモロコシ畑がぱあっと広がりました。懐かしい。

IMG_1099.jpg 

さあ、いよいよ、山葵が・・・、
お出汁が運ばれてきました。

 IMG_1100_20130825230848cef.jpg

      IMG_1101.jpg

(こちらのお出汁の「秘伝」も今回教えていただき感謝!)


お蕎麦・・・。
あざやかな色。
「なんだと思います?」

なんだろう、と考えながら、ちょこっとお出汁につけてつるつる・・・。

いやいやお出汁が美味しすぎてわからない。

もういちど、お出汁をつけずにいただいてみる。
・・・なんだかちょっと、酸味がある、そして・・・。

 IMG_1103.jpg 

「トマトですよ。」

そう、トマト切蕎麦でした。(もちろんはじめて食べました)
水分が多くて苦労した、とは店主の談ですが、ええそうでしょう、そうであることは誰しも想像のつくことです。
でもご苦労を微塵も感じさせない完璧に美味しいお蕎麦でした。


水菓子 巨峰のジュレ
巨峰の皮の味わいまで口のなかにひろがる。美味しい。
近頃めっきり感じることが少なくなりましたが、こちらのお料理はどれも、どこか「風味」というか素材そのもののふわっとした自然の香りが口の中にひろがるのです。
食材選びから吟味されているのだと思いますが、なによりも、素材を余すことなく大切に使われているのではないでしょうか。
野菜の皮を無駄に捨てていないだろうか。
でも農薬の影響があるから食べてはいけないものがある。
なんだか味気ない世の中になってきているよなあ・・・などと考えながらいただいていたのでした。

IMG_1114_20130825232437cf5.jpg 

こう書き綴っていると、なんか会話もせずに黙々と料理を食していたかのようですがそんなわけもなく。
和気あいあいと楽しく過ごさせていただいたのはいうまでもありません。

美味しいお菓子も持ち寄ってくださり、

IMG_1108.jpg 

「このまんじゅう うめえな!」 (と、心の中で云った。)
帰りの飛行機でも堪能しました。美味しかった。


幻の猫にも会えました・触らせてもらえました。

IMG_1097.jpg 

ありがとう。


そして、今回も、「幻の」お酒を振る舞っていただきました。

20130824_9.jpg 

「豊久仁」という、福島県のお酒だそうです。取り扱っているお店が少ないそう。
非常に誠実にお酒を製造している蔵元であるようですね。
なかでも、製造過程のうちでほんの少ししか取れないという「おり酒」。
実際の酒造りを見たことがありません。如何に貴重なものであるかは、想像しかできませんが、おそらくこれだけ濁っているということは相当下のほうに溜まったわずかな分だけでは。

ほわっと甘くて、酒米をより感じました。

    20130824-10.jpg 

食材もそうなのですが、これだけのものを準備してくださるこちらの店主には本当に頭が下がります。

自ら足を運んで、手に入れてくださっています。
世の中の料理人が目指す「ご馳走」の究極の姿はここにあるといいます。
築地まで、栃木まで。
本当にありがとうございます。

どうして、私はこんな素敵なことになっているんだろう?と不思議に思いながら、
いつも、これで最後かな、と思いながら嬉しく足を運んでいます。

こんな私を、快く受け入れてくださっているみなさん、本当にありがとう。

    「ご馳走さまでした。」




関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tabiann.blog119.fc2.com/tb.php/561-568ec93b

トラックバック

コメント

[C5965] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C5966] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C5967]

写真の加工素敵ですね(#^.^#)
そしてまたまたこんなに丁寧にレポしてくださって、
こちらこそ頭が下がります。
こんな風に感じていただいてうれしい~!!
そしてときどき彦摩呂ちっくになったりして(笑)
ねこじゃらしさんの中に眠る関西人のDNAを
感じながら読ませていただきました。
楽しかった~!
またやりましょうね~v
  • 2013-08-26 07:08
  • youbobo
  • URL
  • 編集

[C5968]

うひゃ~!!すごいレポ\(^o^)/!!
ゆぼぼ庵さん、本当に素晴らしかったですよね~!!
特に桃入りのそば豆腐最高~でした!!

レジンは実は最初にねこじゃらしさんが星座の背景紙を選択した時点であまりの意外性に驚いていたのですが
それは私が勝手に感じているねこじゃらしさんご本人のキャラ(NHK朝ドラヒロイン)とのギャップに対する驚きなだけで 作品自体はとても素晴らしいと思いました。
評判悪い土星のシールも あれがあることで全体のバランスがとれていますし
“土星のUFOに乗ったアンヌさんとスペース・ねこじゃらしを楽しむタビーさんというファンタスティック且つ壮大な楽しい作品”と思います(^_-)-☆
ねこじゃらしさんのイメージではないのですが タビアンヌさんたちのイメージにはバッチリはまっていますよ~v

&たくさんのお土産有難うございました(*^_^*)
また10月にもお会いしましょうねv
  • 2013-08-26 12:42
  • ガブママン
  • URL
  • 編集

[C5969]

まさぽんさんのところでお写真も
拝見しました~。
こちら、まさかの加工(笑)
でも幻想的で想像力がかきたてられますネ☆
そしてひとつひとつの丁寧な説明にも食欲そそられます。
くぅっ、おなかすいた!(笑

まさぽんのところでも書いたのですが
おもてなしの心が本当に感じられて
至高のひとときが過ごせたのでは♪

[C5970]

おぉ~!!
ゆぼぼ庵さんのお料理の全貌が明らかに!!
ゆぼぼ庵さんのお料理って、いつも完璧なのに、
必ず毎回、その完璧のさらに上を行くような
お料理になってますよね★
美味しそうだなぁ、いや、美味しいに決まってるわ!!と
思いながら、ご訪問された方のレポを拝見してます(*´∀`*)
しかも、もしや、フードライターにでは!?と思うような、
ねこじゃらしさんの素晴らしい記事に、文章だけでも
お味のイメージが湧いてきます♪
いや、実際はもっとめくるめくお味なんだと思いますが(^^;
美味しいお酒とお料理、美しい盛り付け、楽しい会話、
素敵な時間を過ごされましたね♪

[C5971]

「主客一体」という茶の湯の言葉が浮かぶ
完璧なレポ!おもてなしのしがいがある
素晴らしいお客さまですね。
メモなしでここまで料理と味が再現できるなんて、
フードライター以上ですわ!!
レジンもとっても素敵だったじゃないですか。
また忘れられない充実の時間が過ごせましたね。
大雨も避けられたし(^^)うん、手相占い当たってる!!
  • 2013-08-26 18:32
  • usainu
  • URL
  • 編集

[C5972]

まさかのゆぼぼ庵で嬉しいひとときでしたね^^
ねこじゃらしさんの完璧な素晴らしいレポに感動~
そして、再びあの美味しさを思い出しまた感動ー
↑usainu 同様、ねこじゃらしさんフードライターのようです!
昼の部・夜の部、充実の1日でしたね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Book Mark !

Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
   

文字の大きさ

    カレンダー

    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2017年05月 | 06月
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    タビーちゃんとアンヌさん

    2010年4月5日生まれの兄妹猫です
    サイドバー
         
    タビー(短毛♂) アンヌ=マリー(長毛♀) 2匹まとめて「タビアンヌ」                 

    プロフィール

    ねこじゃらし

    Author:ねこじゃらし
    タビアンヌのお世話係6年目です。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新のコメント

    お気軽にちょこっとコメントどうぞ♪    

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    猫の本棚

    RSS    

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。